お祖父さんの墓(おじいさんのはか)

祖父じいさんの命日めいにち

 今日きょうは、光輔君こうすけくん大好だいすきだったお祖父じいさんの命日めいにちです。命日めいにちとは、お祖父じいさんのんだくなったということで 
 光輔君こうすけくんとおかあさんは、お祖母ばあさんと一緒いっしょに、お祖父じいさんの墓参はかまいりにくことになりました。ちょうど土曜日どようびだったので、うまい具合ぐあい学校がっこうやすみのたっていまし 
 天気てんきで、そらわたっていました。三人さんにんくるまで、やま頂上ちょうじょうにある共同きょうどう墓地ぼちにやってきまし 
 お祖母ばあさんははな線香せんこうって、おかあさんがみずはいったおけって、おはかまえにやってきまし 
 おはかみずをかけ、はなそなえ、線香せんこうをつけまし 

墓参はかまいりのときとなえる言葉ことば

 お祖母ばあさんが、『お祖父じいさんに、「みんなあかるくしあわせにらしています。お祖父じいさん、がとうございます」って感謝かんしゃすることが、お墓参はかまいりで一番いちばん大事だいじなことなんだって』といまし 
 おかあさんが、「ふーん、そうなんだ。おはかでも仏壇ぶつだんまえでも、なにったらいのかよくからなかったけど、感謝かんしゃ言葉ことばつたえればいいのか」といまし 
 『そうよ。おかあさんは、光輔君こうすけくん元気げんきあかるく、しあわせに生活せいかつをしてくれていることが一番いちばんうれしいでしょう?』
 「そりゃそう 
 『お祖父じいさんも一緒いっしょ子供こどもまごしあわせにらしていて、がとうって感謝かんしゃしてくれることが一番いちばんうれしいのよ』
 「そうなん 。じゃあ光輔君こうすけくん、お祖父じいちゃんに、がとうっておまいりをしよ 
 おかあさんはこうって、光輔君こうすけくんやお祖母ばあさんと一緒いっしょにおまいりをしました。

はかなかに、んだひとはいっている 

 おまいりをえて墓地ぼち事務所じむしょあるいてかえってくるあいだに、光輔君こうすけくんはこんな質問しつもんをおかあさんにしまし 
 〔お祖父じいちゃんは、あのおはかなかはいっている ?〕
 おかあさんは、「そうよ。んだらみんな、あのようなおはかなかはいるのよ」と返事へんじをしまし 
 これをいていたお祖母ばあさんが、『それはちがうわよ』といまし 
 『おはかは、肉体にくたいほねてるところ。本当ほんとう人間にんげん、この肉体にくたいうごかしていたたましいは、おはかなかなんかにはいっていたら大変たいへん。あのって、にはえないけれど、おそらうえたましいだけがひかり世界せかいがあるの 
 〔じゃ、お祖父じいちゃんは、おそらうえんでいる ?〕

なない本当ほんとう生命いのち

 『そうよ。おそらうえから、光輔君こうすけくん元気げんきにしているかな、みんなにやさしくしているかな、勉強べんきょう頑張がんばっているかなって、いつもているんだ 
 〔ふーん、じゃあ、お祖父じいちゃんは、きているんだ〕
 『そうよ。肉体にくたい くなってしまったから、私達わたしたちにはえなくなったけれど、お祖父おじいちゃんはちゃんときていて、光輔君こうすけくん見守みまもってくれているんだ 
 〔じゃ、お祖母ばあちゃんがんでも、ずっときている ?〕
 『そう 
・・・光輔君こうすけくんいまおもったりかんがえたりしているその意識いしきというもの、それをたましいっているんだけど、その意識いしきんだりくなったりはしないんだ  その意識いしきとかたましいとかっているものが、永遠えいえんなない生命いのちなんだよ
 〔ふーん、じゃあ、んだってってるのは、身体からだのことをっている ?〕
 『すごいわね、光輔君こうすけくん、そのとおり。
この肉体にくたいんだらみんなくなるっておもっているひとおおいんだけど、肉体にくたいいけみずうみかぶふねのようなもので、たましいはそのふねいでいる船頭せんどうさんだね。だから、何度なんど何度なんどあたらしいふねえて、まれてくるんだ 
 〔でも、んじゃったら、おそらうえきていても、ぼくらとおはなし出来できないん 
 「そうね、おそらうえのお祖父じいちゃんは、私達わたしたちのことがえて、かんがえていることまでかってしまうそうだけど、こちらからはなにえないしこえないから ー」
 〔んでもおはなし出来できたらいいのに ー〕
 光輔君こうすけくんひとごとのようにつぶやくのを、お祖母ばあさんは微笑ほほえみながら『そうねー』とってていまし 

天国てんごく地獄じごく

 お墓参はかまいりがわって、おひるになったので、三人さんにんちかくの中華料理ちゅうかりょうりのおみせ食事しょくじをすることになりまし 
 光輔君こうすけくん大好だいすきなラーメンと餃子ぎょうざを、お祖母ばあさんとおかあさんは、単品たんぴんのメニューをいくつかたのんで、すこしずつってべることにしまし 
 おかあさんが、お祖母ばあさんにきました。
 「地獄じごくってある ?」
 光輔君こうすけくん返事へんじをしました。〔先生せんせいが、いってってたよ〕と。〔人間にんげんわるいことをしないようにするためのつくばなしだっ 
 『そう 
 今度こんどはお祖母おばあさんがはなはじめました。
 『んだらわりっておもっているひとおなじように、地獄じごくなんかいっておもっているひとおおいよう 
でも、人間にんげんつづけているのだから、いことをしたら天国てんごくで、わるいことをしたら地獄じごくっていうのは、間違まちがっているとはおもえないんだけど 
 光輔君こうすけくん心配しんぱいそうにきました。〔お祖父じいちゃんは、地獄じごくじゃないよ ?〕
 『お祖父じいさんは、神様かみさまはいつもておられるとって、ただしくただしくきてきたから、ちゃんと天国てんごくに行っているとおも 
 「どんなひと地獄じごくくの?」と、今度こんどはおかあさんがきまし 
 『どんな人がくんだろうね? お祖父じいさんは、【こののほとんどのひと地獄じごくってしまう】ってってたけど、 
 「ほとんどのひとっていうことは、私達わたしたちんだら地獄じごくっていうこ ?」
 『さあ、どうだろうね? お祖父じいさんがきているあいだに、よくおしえてもらっとけばかった 

祖母ばあさんのお勉強べんきょう

 このはなしいていた、おそらうえにいる神様かみさまのおつかいのひと神様かみさまに、「今度こんどはお祖母ばあさんを、そらうえぶことにします」と、神様かみさまいました。神様かみさまはニコニコされて、くびたてられまし 
 しばらくしてお祖母ばあさんはゆめました。両手りょうておおきな羽根はねになって、大空おおぞらんでいるので 
 お祖母ばあさんはむかしからジェットコースターがこわくてれませんでした。でも、自分じぶん羽根はねになって大空おおぞらぶことはすこしもこわくなく、むしろ気持きもちちがいいくらいでし 
 そらうえくもうえなんと、新緑しんりょく大地だいちになっていました。とりはなも、お祖母ばあさんをむかえてくれました。大地だいちのスロープは、無限むげんおもえるほどとおくまでつづいていまし 
 神様かみさまのおつかいのひとっていてくれ、「よくられましたね。でも、お祖母ばあさん、お祖父じいさんからあまりよくおしえてもらわなかったようですね」とわれまし 
 お祖母ばあさんは、『はい、わたし勉強べんきょう苦手にがてで、お祖父じいさんのうことを真剣しんけんかなかったようです』といまし 
 「勉強べんきょうするかしないかは、みなさん一人ひとりひとりの自由じゆうですが、この宇宙うちゅうただしいかたを、神様かみさまがちゃんとめておられるのです。そのただしいかたをしないと、本当ほんとう意味いみでのしあわせになることは出来できません。
 当然とうぜん肉体にくたいんだのちに、このそらうえ世界せかいもどってくることは出来できないで、ぞくわれている地獄じごくってしまうので 
 『はい、きちんと勉強べんきょうしないでもうわけございませんでした。どのようなかたをしなければならないのか、どのようなかたをしないと地獄じごくってしまうのですか? それをおしえていただけませんでしょう ?』
 お祖母ばあさんは、神様かみさまのおつかいのひとに、真剣しんけんたずねました。
 神様かみさまのおつかいのひとは、くわしく説明せつめいをされ、お祖母ばあさんもよくかったようでし 

ゆめからめる

 『がとうございました。今日きょうおしえていただいたことをけっしてわすれないで、毎日毎まいにちまいにち日を神様かみさま御心みこころのままに、ただしく生きることをこころがけさせていただきま 
 お祖母ばあさんはそうって、神様かみさまのおつかいのひとわかれ、おおきな両手りょうて羽根はねばたかせて、自分じぶんのおうちかえってきまし 
 自分じぶんいえ屋根やねえたそのとき、お祖母ばあさんの羽根はねえてしまいました。『あっ』と屋根やねやぶって、いつも自分じぶんているベッドのうえちまし 
 そこでお祖母ばあさんはめました。いつもは寝相ねぞういのに、今日きょう何故なぜか、ベッドからゆかに落ちてしまっていまし  
 お祖母ばあさんは、『ああ、ゆめだったんだ。これは大切たいせつゆめだから、けっしてわすれないように、おしえていただいたことをキチンとノートにいておこう』とおもい、ベッドからきだしてつくえかい、ゆめなか出来事できごとをすべてノートにいておきまし 

こころ綺麗きれいひとだけが天国てんごく 

 それから何日なんにちかして、光輔君こうすけくんとおかあさんが、お祖母ばあさんのおうちにやってきました。お祖母ばあさんは早速さっそく、『かったよ、どうしたら地獄じごくってしまうのか、天国てんごくけるの 
 〔本当ほんとう? お祖父じいさんは天国てんごくだっ ?〕と、光輔君こうすけくんきまし 
 『勿論もちろんよ、お祖父じいさんは間違まちがいなく天国てんごくですって』
 「私達わたしたちはどうなるの?」、今度こんどはおかあさんがきました。
 『いまのままだったら、きっと地獄じごくね、おかあさんもわたしも。天国てんごくけるのは、光輔君こうすけくんだけかもしれない 
 「光輔こうすけ天国てんごく?」
 『そうよ。だって、こころよごれていないも 
 〔こころよごれていると、天国てんごくけない ?〕
 光輔君こうすけくんそばからくちはさみまし 
 『そうなんだって。あのとこのつながっていて、このこころのままの世界せかいに行くそうよ。そして天国てんごく自動じどうドアになっていて、こころよごれていて、ひかりていないひとは、天国てんごくのドアがひらかないそう 
 〔おかあさんも、こころよごれている ?〕
 光輔君こうすけくん心配しんぱいそうにきまし 
 「うーん、どうなんだろう? そこそこ綺麗きれいだとおもうんだけどな 」と、おかあさんが心配しんぱいそうにこたえまし 
 『私達わたしたち常識じょうしきかんがえたって駄目だめなんだっ 
 天国てんごく神様かみさまくにでしょう? だから、神様かみさまこころかなったことをおもい、神様かみさまこころかなったことをしてきたひとでないとけないそうよ。そうすると、天国てんごくけるひとって、本当ほんとうすこししかいないっておもわな ?』
 「それはそうかもしれないけれど、神様かみさまこころかなうことって、それがからないんじゃない ?」
 『そのとおり。いま私達わたしたちは、神様かみさまこころからなくなってしまった 。でも、人間にんげんも、ものも、そして宇宙うちゅうもすべて神様かみさまつくられたものでしょう? それらのすべてが仲良なかよ調和ちょうわしてきていくことが神様かみさまねがいでしょ ? そうかんがえるといまなかわたしたちもふくめて神様かみさまおもいからはずれているひとばっかりみたいにおもわな ?』
 「うーん、どういうふうにはずれているのかな ?」

将来しょうらいかんがえると、おかね中心ちゅうしんかんがえてしま 

 『わたしたち人間にんげんは、自分じぶんには絶対ぜったいにウソがつけないでしょう? そのウソのつけないこころ神様かみさまつながっているんだって。そのウソのつけないこころくと、なにただしいかただしくないか、神様かみさまこころかなっているかいないかが、すぐかるそう 
 たとえばね、あのひと意地悪いじわるをしたから、わたし意地悪いじわるをするんだということがただしいことか? またみちばたでこまっているひとがいたらしてあげることがいいことかどうか、ウソのつけない自分じぶんこころいたらすぐに、こたえがるでしょ 
そういうただしいこと、神様かみさまおもいにかなったことを、勇気ゆうきってやること、これが大切たいせつということ 
 「そういうことか。ウソのつけない自分じぶんの心にくということか。でも、実際じっさい地獄じごくって、どんなふうになっているのかし 
 『そうね、地獄じごくひとず、神様かみさましんじないで、人間にんげんまれわりをしんじないひとんだらわりっておもっているひと。そういうひとは、んでもんでいないとおもっているから、肉体にくたいからはなれようとしないで火葬場かそうばまでついてくそう 
それからんだらおはかやおてらくとおもっているひと。こういうひとおもったとおり、おはかやおてらにずっといるそう 
そういうひとでなくっても、いつもいかったり愚痴ぐちったり、そしり、ねたみ、不満ふまんばかりをっているひと。おかね肉体にくたい大事だいじと、ひとのことより自分じぶんのことばっかりかんがえているひと。そういう人達ひとはそういう人達ひとだけがあつまって、喧嘩けんかをしたりウソをついたり、あのではおかねなんか使つかえっこないのにお金儲かねもけにかけずりまわったり、そんなことばかりをしているそう 
こういう人達ひとたちは、仲良なかよく調和ちょうわしてきてしいとおもっておられる神様かみさまこころからおおきくはなれていることになるわよ 
こうかんがえると、いま日本人にほんじんは、ほとんどのひと自己中心じこちゅうしんで、おかね亡者もうじゃになっているから、みんな地獄じごくくしか仕方しかたがないのかもしれない 
 「そんなことったって」と、おかあさんが反論はんろんしました。
ひとしのけてまでとはかんがえないけれど、お祖母ばあさんの時代じだい年金ねんきんがたくさんはいるけど、わたしなんかの時代じだいは、年金ねんきんなんてあまりてに出来できないのよ。だから、てにしなくてもいように、いまからかんがえて、貯金ちょきん出来できるだけしないと心配しんぱいなの 
 『そうね、将来しょうらいのことをかんがえるのはけっしてわるいことじゃないわ。でも、自分じぶんたちのことだけをかんがえておかね夢中むちゅうになるのじゃなくて、他人様ひとさまのこともかんがえ、仲良なかよくおかねってきていけたら、こころらくになるとおもうけど 
 欲望よくぼうきることがないので、〈るをる〉ということが大切たいせつだっておしえていただいた 
それに、このなかは、ただしくきるひとは、物事ものごとがうまくすすむように出来できているんだって。これが神様かみさまつくられた法則ほうそくなんだっ 
 〔おかあさん〕、光輔君こうすけくんくちはさみまし 
〔そんなに心配しんぱいしなくてもいいよ。ぼくが大きくなったら、ちゃんとはたらいて心配しんぱいないようにしてあげるから、のんびりきていたらいい 
 ぼくそらうえで、人間にんげんはみんながたすって、仲良なかよきることが大事だいじだって。それを勉強べんきょうするために地球ちきゅうまれたんだっておしえてもらった 
 「・・・そのとおりね。自分じぶんたちのことだけをかんがえてちゃいけないわよね。
かあさん、駄目だめね、最近さいきん光輔君こうすけくんおしえてもらってばっかり。光輔こうすけ先生せんせい生徒せいとにしてもらおうか ?」
 三人さんにんかお見合みあわせて、よろこびいっぱいの笑顔えがおになっていまし 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  親子おやこ仲良なかよたすってきていく姿すがた・・・おや子供こどもいとおしくて仕方しかたがない、子供こども親孝行おやこうこうをしておやよろこ姿すがたることがうれしくて仕方しかたがない・・・そんな姿すがたこそが天国てんごくをそのままあらわしているということでしょ 
 家庭かていなか天国てんごくでなかったら、他人様ひとさま親切しんせつをしたり、周囲しゅういあかるい天国てんごく出来できるはずがありません。もちろん、んでから天国てんごくけるはずもありませんね。たましいにとっては、このもあのもずっとつづいているんですか 
 いえなかあかるくわらいのえないような家庭かてい、そんな家庭かていこそがこの人生じんせい一番大切いちばんたいせつなことで、実現じつげんすべき姿すがたなのでしょう 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする